還暦のお祝い

尊敬する仲間の一人が昨年還暦を迎えました。 コロナ禍でなければ盛大にお祝いの企画をさせて頂きたかったところですけど、今回は誕生日の確認も遅れ、還暦をお迎えしてからの企画実行となりました。 結果としては、会食は難しいので有 […]

雪景色とトヨトミの野望

現在、飯塚地区には私が20年ほど前に来福以来一番の雪を体感しています。 大雪警報等は出ておりますものの、北海道や東北を経験しているものからしますと、そこまで特別なものには感じません。 ただし、インフラが整っておらずまた普 […]

令和三年始動

新年見事に明けました。 皆様におかれましても健やかに新年をお迎えのことと存じます。 一頃昔であれば、新年と共に歳を重ねておりましたので、昨日を持って一歳増えていたところです。 さて、本年も年末年始に思考を深める機会を頂け […]

2020年振返り 

本年も月並みの言葉の通り、あっという間の一年でした。 それでも、自分自身の心持が全てであり、如何様に過ごしていたかが結果として残る一年であったことと存じます。 一般的にはCOVID-19につきる一年であった事とは思います […]

一所懸命

今年はある程度余裕をもってクリスマスカードを配信出来たように思っています。 毎年、多くの方に思いを馳せながら記述していきますが、段々と収斂されていくような表現も有ります。 今年は、特に自分の頭の中には表題の『一所懸命』が […]

一升瓶には一升しか入らない

学生の頃にビックコミックの間に入る有名人の大切にしているとして紹介された言葉が強烈に頭に入っています。 言葉は覚えていても取材された方を全く覚えていないほど言葉が印象的でした。 その言葉で父親に育てられたという事です。 […]

内定者を迎えて

今週は令和3年度(2020年度)入社予定者の二回目の内定者研修を実施しました。 メディアを通じて知る若者とは全く異なり、現実的に若者との触れ合いの中で気付けることはとても興味深く日本の未来にも安堵してもいます。 また、今 […]

Something Great

人に薦められて『生命の信号』著者:村上和雄氏を読了しました。 表題は副題です。 非常に興味深く読んでおりまして、途中で著者の名前は良く致知にて拝見する方であるとも気付きました。 私にとっては勇気を与えてくれる内容であった […]

十一月十五日

世間では、七五三として認識されている一日ですが、私共では相馬中村藩の始祖である相馬師常の命日として毎年鎌倉の寿福寺にて供養をしています。 ここの所、毎年のように参列させていただいておりますが、天候は良い日が多いです。 今 […]

新しい酒は新しい革袋に盛れ

今週は表題が頭の中を巡る機会の多い一週間でした。 小学生の頃に玉川学園で教わった言葉で、あまり好きな表現ではなく、新しいものも古いものも共存共栄することは出来ないものかと理想論ばかりを追い求めていました。 いまでも理想の […]

Page 1 of 36123最後へ